読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こりゃまいった。

自分のデニム以外でこんなに重体なデニムをリペアするのは
初めてだったんで紹介。
ただ普通にデニム生地が弱っただけなら
ここまで縫いこまなくても大丈夫だったと思います。
このデニムの最大の問題点は自分の手元に届く前にした
簡易的な補修が仇になってしまった事ですね!
・とても厚い接着芯&デニム生地を使用。
・大まか、雑に縫い付けたハンドステッチ(ここでもデニム生地を使用)。
・そしてその状態のままはき続け、また壊れて上記のリペアを施す。
・そして最大の問題点はデニム自体が弱りきってた事です。
とにかく生地自体が全体的に引っ張られ「歪み」まくりだった、
その歪みをとるのと、履物に仕上げる為にはここまでの縫込みが必要でした!
股、前後ポケット、スレキ、裾(移植)、ベルトループ(一部)などは解体してリペアしています。
きっと少しの間ははきにくいと思われますが、すぐに馴染んでくれるでしょう!

f:id:twentyfourseven247:20130925144631j:plain

f:id:twentyfourseven247:20130925144728j:plain

f:id:twentyfourseven247:20130925144925j:plain

f:id:twentyfourseven247:20130925144949j:plain

f:id:twentyfourseven247:20130925144936j:plain

f:id:twentyfourseven247:20130925144816j:plain