読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面倒

北海道にきてから色々なオーガニック農家さんと出会った。
そして勉強会に参加させてもらったり、
イベントに参加したりと「食」に関する知識や疑問が増えていきました。
TVなどのメディアでは、野菜などは形が悪いと売れないと言いますが
本当だろうか?
それが本当の消費者の声なのか?
実際問題は安心・安全なのが一番である!

イベントでオーガニック野菜を売るときにいつも思う事がある
それは、説明が面倒って事だ!

なぜできる限り自然のままの状態で肥料や農薬を使ってない野菜を売るのに
説明がいるのだろうか?
ハッキリ言って面倒でしかない!
それなら今普通に売られている、形や色や虫食いのない野菜こそ
使ってる薬などの説明をするべきである!
むしろしなくちゃダメだ!

ここに「みかん」の画像がある。

 

f:id:twentyfourseven247:20150213184706j:plain

このみかんはオーガニックみかんです。
もしスーパーなどで買ったみかんを、
このみかんと同じ時間放置したらどうなるでしょう?
答えは、カビまみれになり、グチャグチャになって腐ります!
でもこのミカンは、どんどんと水分が抜けていき枯れていくのです!

そう普通は腐るのではなく枯れるんです。

もし腐るのが当たり前の世界なら山にハイキングなんていってられないです
きっと腐敗臭でたまらない事になってるでしょう。

これが現実です、普通と呼ばれている物こそきちんと説明をしなくちゃいけないと思います!